貸店舗を契約する前に行ないたいことは沢山ある

作業員

貸店舗の活用術

貸店舗といっても、何を始めるのかビジョンを明確にしなければなりません。大阪で商売を始めるならバーやスナック、居酒屋などがおすすめです。大阪の中で最も飲食店の数が多い場所なら、お客さんの入りも大変いいでしょう。また、貸工場でSVHC分析を行なうのもアリですよ。SVHCとは、人体に影響を及ぼす有害物質の分析を行うものです。例えば、店舗で使用する殺虫剤や防カビ剤などの検査を実施し、各店舗で安心安全に使用してもらうということです。SVHCの分析には広い敷地が必要なため、貸工場を借りて行なう必要があるでしょう。

治療院を始められる

貸店舗を借りて治療院を始めることも可能ですが、大阪の貸店舗はほぼ飲食店が対象となります。そのため、治療院を始めるなら最初からマッサージのノウハウを知り尽くすからだ元気治療院でノウハウを盗むことが可能です。フランチャイズビジネスなら、開業準備から、研修までとても充実しているので一年以内の開業を実現できます。

夢実現と経験を活かす場所

海外で料理修行をした経験を発揮したい、マッサージ店で働いていたころのノウハウを活かして治療院を開きたいなど、経験を活かすチャンスでもあります。からだ元気治療院の協力で事業を立ち上げた人たちは、様々なメリットを感じています。さらに、貸店舗に至っては、お店のイメージとぴったりの居抜き物件を契約して、現在も大阪の飲食店街で頑張っています。こうした事例を見ることで自身の背中を押してくれるでしょう。

事業を始めるメリット

開業手続きがシンプル

税務署へは、開業届けを申請するのみなので、店舗やサポート先があればいつでも事業を開始することができます。さらに、登録免許税といった設立法定費用も一切かかりません。初期費用が抑えられる点はとても魅力的です。

登記は必要ない

株式会社を設立する場合、役員任期ごとに登記や登録免許税が必ず必要ですが、個人事業の場合は、不要となります。そのため、株式会社設立よりは個人事業の方が自由となります。

お金の管理も自分でできる

飲食店の場合、自身が店舗を借りてオーナーになると売上金は自身で管理することになります。従業員がいる場合は給与計算も行う必要があるでしょう。残ったお金は、自身の儲けとなるので自由に使っていただいて構いません。私用目的なら、事業経費にしなくてもいいわけです。フランチャイズの場合、店舗売上の拡大を狙うことが可能です。

確定申告が簡単に行なえる

税務署には、必要事項を明記して提出するだけでOKです。青色申告を選択して自身で簡単に申請ができます。事業を始めたばかりのころは所得も少ない傾向にあるため、特別控除で節税が期待できます。

計画性が大事

簡単に事業が始められるといっても、無計画のままではいけません。どの手続きが必要なのか、開業までに必要なことは何かを重点的に考えて計画を進めましょう。

[PR]大阪の貸工場なら検索サイトで探そう
優良サイトをpickup☆

[PR]からだ元気治療院の特徴をリサーチ☆
介護フランチャイズ会社を利用しよう

[PR]大阪の貸店舗を数多く紹介
条件に合った物件がきっと見つかる☆

夢を叶えるなら今

長年抱えていた自身の夢を事業という形で叶える方は沢山います。個人事業の場合、多くのメリットがありますので、脱サラをして開業をするチャンスです。

広告募集中